2016-10-08-Sat-14:00

サッカー : ルヴァンカップ。

久々にブログを書きたくなりました。

明日はルヴァンカップ準決勝、ガンバ大阪戦。



F・マリノスにとって、久々に「ファイナリスト」になるチャンスを掴もうとしている…。そのワクワクドキドキをどこかにぶつけたくて、ブログを書きました。
プロ野球で応援してるカープはまだCSに出てこないし、ライオンズは出れない。
そのちょっとした寂しさをF・マリノスは埋めてくれました。

楽な試合じゃない事ぐらい分かってる。
勝つしかないのも理解してる。
俊輔も学も欠いてるのは百も承知してる。

だからこそ、決勝に進みたい。
優勝したい。

明日が良い日でありますように!!
スポンサーサイト
2013-10-28-Mon-18:54

サッカー : ダービーマッチ。

久々のブログです。
前に書いたのだが誕生日。そりゃ寒くなったわけだw

昨日の静岡ダービーについて、こんな記事を見つけました。
“王国”の座は清水に。ダービーで敗れプライドも失ったジュビロ、99%降格決定。

そして、こちらの画像。



私の愛する横浜F・マリノスも、近くに救いようのない阿呆の集団がいます。
去年の天皇杯で色々ありましたが、多かれ少なかれ「やったやられた」の話です。

さいたまダービー、千葉ダービー、東京ダービー、静岡ダービー、大阪ダービーは特にアツい気がします。
褒められた行為ばかりではありませんが、色々な形でサポーターの思いが詰まっていると思います。

あと思ったのは、ダービーのような緊張感のある試合が年に数試合あるのは「幸せ」だと思います。

個人的に神奈川ダービー、特にフロンターレ戦はどんな状況でもワクワク感が高いです。
そして、そのチームを倒した後の幸福感は最高です。

先ほどの記事の一言一句には賛同しませんが、言いたいことは大体分かるような気がします。



ではまた。
2013-08-04-Sun-13:15

サッカー : 8月4日。

今年もこの日が来ました。
8月4日、マツさんの命日です。



昨日のF・マリノスは2-1で勝利。
一昨年の訃報直後、去年の8月4日は勝てなかっただけに、ようやく白星をプレゼントできました。

そして、今日の山雅の相手はザスパ。
最後に所属したクラブと、生まれ故郷のクラブの対戦。
偶然にしては出来すぎ!

最後に…。ナオキオレ!
2013-07-15-Mon-23:03

サッカー : F・マリノスvsアルディージャ。

しまった!
あんな素晴らしい試合の記事書き忘れてた(´д`|||)
と言う事で、F・マリノスvsアルディージャ戦のお話。



選手の会場入りでのチャント。
会場がひとつになった民衆の歌。
横須賀市長のスピーチ。
サポーターの熱気。
選手の意気込み。

なかなか出会えない、F・マリノスの「力」を感じました。
それが「2-1」に表れたと思います。

今、F・マリノスを取り巻く環境はとても苦しいです。
ただ、その現実から逃げてはいけないと思います。

でも、アルディージャ戦のような試合が続けば、大丈夫だと信じています。
さぁ、次はレッズを倒すぞ!!
2013-04-01-Mon-21:38

サッカー : エイプリルフール2013

日本サッカー協会は、FIFAコンフェデレーションズカップ ブラジル2013について、SAMURAI BLUE(日本代表)の参加辞退を決定致しました。

理由としましては、2013年6月4日と11日の2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選に専念させるためです。
苦渋の決断ではありましたが、その代わり5大会連続出場を必ず勝ち取るよう、本日JFAハウスにてアルベルト・ザッケローニ監督に激励を行いました。

代役は現在J1リーグ首位で日本代表するチームである、横浜F・マリノスです。
日本代表の代わりに戦うチームとして、数チーム検討を行いましたが「今一番日本で強いチーム」を派遣すべきと考え、本日横浜マリノス株式会社に打診し、快諾を頂きました。
なお、外国人選手の登録ができませんので日本人メンバーのみで大会に参加し、一部選手は背番号変更を行います。

大会は、2013年6月15日に行われるブラジル代表対横浜F・マリノスの開幕戦で始まります。

【大会日程(予選リーグのみ)】
6月15日(土)16:00 ブラジル代表 対 横浜F・マリノス ブラジリア
6月19日(水)19:00 イタリア代表 対 横浜F・マリノス レシフェ
6月22日(土)16:00 横浜F・マリノス 対 メキシコ代表 ベロオリゼンテ
2013-01-02-Wed-17:49

サッカー : J3リーグ考察①

新年、あけましておめでとうございます。
今年はブログ更新と、リンクサイト様を増やせるようがんばります。



さて、かねてより設立が噂されていたJ2の下、J3リーグの概要が見えてきました。

サッカー新リーグは「J3」、14年にも発足
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121231-00000907-yom-socc

設立自体、良い事だと思います。
現状でもJリーグいるを目指すクラブがたくさんある中で、今でさえJ1もJ2も定員いっぱい。
かと言ってゼルビアのように、いまいち仕組みを作る前にJFL降格を決めるは良くありません。

ただ、記事の中でどうしても引っかかる事がひとつ。スタジアムの収容人員規定です。
3,000人収容で認めてしまうのは安易すぎると思います。

理由は、このルールだとJ2への昇格ができないチームが大量発生しかねないという事。
J3に入る事がチームの「ゴール」になってはいけません。
あくまで日本のトップカテゴリーは「J1」です。

3,000人収容のスタジアムは日本中たくさんあります。問題なのは、
J3を制してすぐ、J2基準の座席で10,000人収容に改修できるのか?
そのための資金を可及的速やかに、自治体は用意できるか?
資金があっても、すぐに改修できるマンパワーはあるか?

ではないでしょうか。

せめて芝生込みの7,000人ぐらいにし、J2を目指す準備をJ3の間に行うのが筋ではないでしょうか。

このテーマ、もう少し書きたいので後日続きを…。

↓クリックよろしくお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
2012-09-15-Sat-20:04

サッカー : 2012/1/22 松田直樹メモリアルゲーム

9月17日の横浜FCvs松本山雅FC戦に参戦する事にしました。

自己紹介に「松本を応援してます。」と書いてますが、まだ観戦試合の日記を書いていなかったので、改めて書きたいと思います。

今日書くのは1月22日の「松田直樹メモリアルゲーム」。

シーズンオフですが、メンバーも観客も豪華。
それだけみんな、松田直樹と言うフットボーラーを愛していたのだと改めて思いました。

第1試合 横浜F・マリノスOBvs松本山雅FC
もっと山雅が見たいと思いました。何かしらの事情があったのだとは思いますが…。
OB中心のマリノスとは言え、ガチンコで向かってきた山雅が印象的でした。
そして、たくさんの山雅サポーター。充実の30分でした。

第2試合 横浜F・マリノスOBvsNaoki Friends
実質的なメインイベント。TV中継(TBS)もここから。
とにかく豪華。そしてコンディションが良かった。恰幅の良い選手が何人かいましたが…。
安永のゴールは秀逸でした。

簡単に纏めましたが、とにかく書きたいのはみんなマツさんを愛しているという事。
とにかく4万人の観衆が、サッカーを心から楽しんだ時間でした。
マツさんも最後の最後に登場してくれました!やっぱりスタジアムにいたようです。



<試合結果>
 松田直樹メモリアルゲーム
 第1試合 横浜F・マリノスOB 0 - 1 松本山雅FC
 【得点】片山(松・18分)

 第2試合 横浜F・マリノスOB 1 - 0 Naoki Friends
 【得点】安永(横・17分)

↓クリックよろしくお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
2012-07-04-Wed-16:59

サッカー : 2012/06/30 横浜Mvs名古屋

「大プロレス祭り」の後は日産スタジアムへ行きました。

純粋なF・マリノスのホームゲームは約1年振りだったのですが、一番驚いたのは場内で流れる映像。
スタメン紹介と言い、過去のvs名古屋戦のVTRと言い、かなりクオリティが高かったです。
なかなかサッカーで煽りVTRを流す事はないと思いますが、評判は伝わるものなので、継続してほしいと思います。

あと、スタメン紹介時の手拍子も良いですね。
一体感・迫力がありました。
J1でもトップクラスの集客ですから、こんな形で選手を後押しできる環境ができていけば良いと思います。

試合ですが、前半のうちに点が取れていれば…。と思います。
試合としてはF・マリノスペースでしたが、最後の「押し」が足らなかったように思います。



試合後に、オリンピック代表が発表されました。

学には、思う存分暴れてきてほしいと思います。
オリンピック次第ではワールドカップへの道も開けてくるはずです。

比嘉には、F・マリノスでインパクトを残してもらいましょう。
トリコロールのスタメンが、きっと日本代表への道に繋がっていきます。



<試合結果>
 2012 Jリーグ Division 1 第16節
 横浜F・マリノス 1 - 1 名古屋グランパス
 【得点】マルキーニョス(横・53分)、永井(名・83分)

↓クリックよろしくお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村
2012-06-09-Sat-16:35

サッカー : 日本代表vsオマーン代表観戦記+α

オマーン戦の観戦記がメインですが、昨日のヨルダン戦の感想も書いておきます。

初めて代表戦を観戦しましたが、スタジアムの張りつめた緊張感は初めて感じました。
これぞ国際試合!

この緊張感、恐らくJリーグでは感じられないでしょう。
リーグで感じられるとすればヨーロッパ、南米の主要リーグの名門同士の対決ぐらいでしょうか。
いずれJリーグもそんな風になってほしい気もしますが、今のような片意地貼らずに観戦できる雰囲気も大好きです。

試合は、ほぼ一方的なペースで日本の勝利。
いやぁ本田△の1点目はスゴかった!スタジアム大盛り上がりでした。

<試合結果>
 2014FIFAワールドカップブラジル アジア最終予選
 日本代表 3 - 0 オマーン代表
 【得点】本田(日・12分)、前田(日・51分)、岡崎(日・54分)



ヨルダン戦もお見事でした。
これで次のオーストラリアとのアウェイ決戦に弾みがつきます。

レギュラーの麻也離脱は痛いですが、どうやら代わりのスタメンには栗原が濃厚。
ヨルダン戦で得点もしたし、今度はあの攻撃陣を封じるのが命題。
栗原、ガンバレ!

↓クリックよろしくお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
2012-04-23-Mon-20:14

サッカー : 1年前の4・23

だいぶ間隔があいてしまいました…。

ふと思い出したのですが、去年の4月23日はJリーグの再開日でした。
F・マリノスは国立でのアントラーズ戦でしたが、見に行くことができずTVで等々力のフロンターレvsベガルタを観戦しました。

遠く仙台からエールを送るベガルタサポーター。
同点ゴールを決めたベガルタ・太田の力強いガッツポーズ。
勝利監督インタビューで涙するベガルタ・手倉森監督。

後日YouTubeで見た煽りV。最高です。
特に、「2011.4.23 親愛なる仙台に敬意を表し、川崎フロンターレは全力で勝ち点3を掴み取ります」
この言葉、個人的には「さぁ勝負再開!」という感じで引き締まる感じがします。


そして、試合終了後の両チームサポーターのエール交換、とても感動しました。
最近悪さをするサポーターの姿ばかり報道されがちですが、こんな温かいサポーターがいる事をもっと発信してほしいですね。


今シーズンも絶好調のベガルタ。
来年はユアスタでACL…。そんな予感がします。



<試合結果>
 2011 Jリーグ Division 1 第7節
  川崎フロンターレ 1 - 2 ベガルタ仙台
   ●得点:田中裕(川・37分)、太田(仙・73分)、鎌田(仙・87分)

↓クリックよろしくお願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
HOME NEXT